履修モデルコース紹介

地域社会学科の特長

  • 地域社会学科の特長 基礎科目の充実

    基礎科目の充実

    高校までの知識と技能を大学生?社会人として必要なレベルにアップデート。社会人としての基礎となる言葉とコミュニケーション、そして社会を理解する科目を高校からの学びと接続して身につけていきます。仕事での文章の書き方や読み方など発信して表現する力や、現代社会を理解するための基本的な内容から丁寧に指導します。

  • 地域社会学科の特長 学べる4つの分野

    学べる4つの分野

    社会学を中心として、行政法律、経済経営、教育福祉、観光メディアの4つの分野を、各学生が学びたい分野に応じて専門的に学ぶことができます。それにより、幅広い知識と能力が身に付きます。

  • 地域社会学科の特長 地域密着型の学び

    地域密着型の学び

    授業での学びを体感できる機会として、学外での社会調査関連科目とフィールドワークに挑戦します。現場の声を調べ、まとめて、課題を見つけ解決する能力は、さまざまな仕事に対応するチカラになります。

    活動紹介①

    活動紹介②

  • 地域社会学科の特長 少人数制ゼミナール

    少人数制ゼミナール

    1年次の担任制度と連動するゼミなど4年間を通して、学生一人ひとりに、きめ細かくサポートします。少人数制により各自の役割も明確になり、自立した学生を目指しています。

    使用する教室など施設紹介動画(Youtube)

発展向上させる能力

  • 主体的に課題を発見していく能力、課題解決に向けて貢献する姿勢
  • 多様な人びとと協働して目的達成に取り組むマネジメント能力
  • コミュニケーション能力と社会性
  • 4年間を通じた就職指導

    4年間を通じた就職指導

    単位修得ができるインターンシッププログラム、公務員試験受験支援や資格取得支援も充実。目指す進路に向けて、教職員が一体となって学生のキャリア形成と就職活動を支援します。

    キャリア支援

  • 地域社会学科の特長 進路に応じた、就職指導

    4年間の集大成、卒業研究

    興味関心のあるテーマを具体的に設定し、卒業研究に取り組みます。学んだ分野の専門知識や地域社会の現場での調査分析スキルを活用し、社会課題の解決策をまとめていきます。

    卒業研究

  • 地域社会学科の特長 進路に応じた、就職指導

    学業と部活動の両立

    男子サッカー部が利用するグラウンドサッカー場や、硬式野球部のための専用グラウンド、雨天時や冬期に練習できる室内練習場も併設し、学業と部活動の両立が可能です。

卒業研究

クラブ?サークル?同好会

卒業生の活躍

地域社会学科出願書類ダウンロード"/ 社会連携センター" 主な就職先" つながろう東北" 八雲町熊石地区活性化プロジェクト" たにラジ ★OTANI 社会連携センターfacebook"/